top

田んぼの生き物調査

こんにちは。気温が低くあまり生き物がいない中、次のような水辺の生き物がいました。

●心優、絵梨花、歩香、(実希、灯)
〇アマガエルのおたまじゃくし
少し色がうすく手足の先には、丸い吸盤があります。足のはえる時期になるとトノサマガエルとの区別が簡単につきます。
IMG_0423.jpg
〇トノサマガエルのおたまじゃくし
池、水田に生息します。おもにクモや昆虫を食べますが、口に入るほどの小さなカエルなら食べることもあります。また、道外からきた外来種なので駆除しなければいけません。
IMG_0421.jpg
〇マツモムシ
池や沼などの水中に生息します。捕食性で、小魚やオタマジャクシ、他の小型水生節足をとらえて口先を突き刺して、消化液を送りこみ、体外消化のうえ、溶解した肉質を吸汁します。マツモムシに刺されると、ハチに刺されたような激痛をともないます。
IMG_0424.jpg

●真菜、ちかね
○アメンボ
とても足が細くて、水面の上をすばやく動きます。時々、お互いの上にのぼります。
2_20160626165143f48.jpg
○アマガエル
アマガエルは、水槽に入れると、水槽の壁をのぼって脱出しようとします。足には吸盤がついていて、水槽を揺らしても水槽の壁にへばりついたまま落ちません。
3_20160626165145020.jpg
○マツモムシ
小さくて、一番後ろの足2本で、すいすい泳ぎます。アメンボのように泳ぐのは早いです。とても小さいのでよ~く観察しないとわかりません。
マツモムシ
〇アマガエルのオタマジャクシ
オタマジャクシのシッポは、透明なものの中に、黒い線が入っています。小さいオタマジャクシから大きいオタマジャクシまでいろいろな大きさのがいました。
1_20160626165146402.jpg

●優衣、優那、心
○アマガエルのオタマジャクシ
とても小さくて、かわいいです。まだ足は生えてきてませんでした。小さいのは1㎝くらいでしっぽが黒くなっていました。
IMGP0897.jpg
○アメンボ
体が細く水面を素早く移動します。捕まえるのが大変でした。虫かごの中をすいすいと動いてとても元気です!
IMGP0898.jpg

●杜虎、幸椿
〇ヒル
ヒルは、長くなったり時々短くなったりする。なめくじみたいで、外側は赤色で、内側は黒かった。
IMGP0839.jpg
〇ヤゴ
色が透明で薄い茶色だった。目が少し大きかった。背中が蜂のような蟻のような模様だった。
IMGP0843.jpg
〇アメンボ
動きが早くて、捕まえるのが大変だった。前足が長くて、後ろ足が短かった。後ろ足は前足の半分くらいの長さだった。
IMGP0842.jpg


●七瑶、弥杏妃、愛莉、実鈴
○ヤゴ
愛莉が田んぼの端のほうで生き物を探していたらヤゴがたくさんいました。
ヤゴは捕ったときは土に汚れていて茶色でしたが水を替えて見やすくすると緑色でした。
IMGP0836.jpg
○アメンボ
逃げ足が速くて捕まえるのに苦労しました。
IMGP0812.jpg
○ミジンコ(?)
蛙の卵だと思ったらミジンコでした。
IMGP0835.jpg
○なすび~番外編
七瑶が書きました。
なすび
プロフィール

自然戦隊マガレンジャー

Author:自然戦隊マガレンジャー
自然戦隊マガレンジャーは、北海道美唄市内に住む小学3年生から高校3年生の子供たちである。

■マガレンジャーの心得(こころえ)
その1;自然を大切にします。
その2;宮島沼のいきものを守ります。
その3;ともだちとなかよくします。

自然戦隊マガレンジャーの歌

■自然戦隊マガレンジャー本部
(宮島沼水鳥・湿地センター内)
〒072-0057
美唄市西美唄町大曲3区
電話;0126-66-5066
FAX;0126-66-5067
magaranger14アgmail.com(ア→@)
隊長・牛山克巳

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク