top

雨竜沼湿原登山

7/16、雨竜沼湿原を愛する会の外山陽一さんに講師をお願いし、雨竜沼湿原登山に行ってきました。

まずは南暑寒荘にて入山届を提出。
「僕がガイドで行く時は、ゴミ袋を持って行ってもらうことにしています。僕が通った後ろにはゴミが落ちていないように」山小屋でゴミ袋を貰って、全員腰にぶら下げて、いざ出発!
IMGP0918.jpg

「あの丸山の標高が約850m。これからあの高さまで登りますよ」
内心ひぇーと思っているのは私だけか?
IMGP0919.jpg

楽しく植物&野鳥観察・・・・・、なんて無理でした。
子供達はどうだったのかな?
「香子ちゃん大丈夫ー」と、へとへとになりながら、心配されながら、登りました。(めんぼくない)
IMGP0920.jpg

写真中央に、ヒグマが昇っている木があります
IMGP0923.jpg

冷たい湧水で一息。7度くらいだそうです。
10秒以上手をつけていられたらすごいよ!と外山さんに言われて、全員挑戦。
子供達はよゆーの表情。
手コップで飲む「冷たくて美味しい~」
IMGP0922.jpg

やっと湿原入口に到着!
IMGP0925.jpg

湿原テラスで昼食です。
IMGP0929.jpg

テラスの下にゴミがいっぱい。
さて、ゴミを拾ってから出発しようかな、という外山さんについて行って、マガレンもせっせとゴミ拾い。
IMGP0930.jpg

見渡す限りの湿原!
ワタスゲ、エゾカンゾウが一面に咲いています!
ヒオウギアヤメ、ハクサンチドリ、ホソバノキソチドリ、イワイチョウ、コツマトリソウ、クロバナハンショウヅル、、、、
もっとゆっくり見たかった~。

↓その昔、水が足りなくなった時に、池塘に溝を掘った・・・・跡。
山の下まで水を引いた、わけではなく、おまじないの意味もあったのだろうとのこと。その時、縦横無尽に溝を掘っていたら、雨竜沼湿原はなくなっていただろう、とのことです。
いろいろな意味でも、奇跡的に残った湿原なのですね。
IMGP0932.jpg

ミズゴケがふわふわの池塘や。ハート形の池塘や。湖底が見えるほど水が澄んでいました。
IMGP0942.jpg

下山途中で、遭難騒ぎ?!もあったりして、心身ともに、まぁまぁぐったりな副隊長の私でしたが、ボランティアで来て下さった、上坂拓司さん、池田小夜美さんに大いに助けていただきました。大変ありがとうございました!!
子供達が「初めての登山」だったと聞いて、私もびっくりしましたが、本当に良い体験ができました。
外山さん、お忙しい中ガイドをしていただき、本当にありがとうございました!!!

途中、キレイな川があり、ちょっとだけ水遊び。「来年はこういうところで活動したい!」とマガレンからのリクエスト。
近場で、カワゲラを採ったりできる場所はありますでしょうか?(だれか教えてー)来年までの課題ができました!

[副隊長・香子]

【感想】
○優那(小4)とても良い体験ができた。山の上から下の崖を見た。すごかった。
○杜虎(小5)初めての登山でたくさんこけたけど楽しかった。のどちんこ型の池塘があった!!
○幸椿(小5)降りる時皆が遅くて先に降りたら、香子ちゃんに怒られた。のどちんこの池塘が綺麗だった
○実鈴(小5)初めての山登りで疲れたが楽しかった。登る時と降りる時の道がガタガタで面白かった。いろいろな形の池塘も面白かった。
○愛莉(小6)疲れたけど楽しかった。オレンジと白の花が映画のワンシーンみたいだった、
○実希(中1)初めての登山で大変なこともあったけど、紫色のヒオウギアヤメがきれいだった。池塘で泳ぎたかった。
○灯(中1)登山経験がなくて、初めてだったけれど、休み休みみんなで登れて良かった。ずっと続く木道とまわりの草木がとてもきれいだった。特に、黄色の花がとても綺麗だった。
プロフィール

自然戦隊マガレンジャー

Author:自然戦隊マガレンジャー
自然戦隊マガレンジャーは、北海道美唄市内に住む小学3年生から高校3年生の子供たちである。

■マガレンジャーの心得(こころえ)
その1;自然を大切にします。
その2;宮島沼のいきものを守ります。
その3;ともだちとなかよくします。

自然戦隊マガレンジャーの歌

■自然戦隊マガレンジャー本部
(宮島沼水鳥・湿地センター内)
〒072-0057
美唄市西美唄町大曲3区
電話;0126-66-5066
FAX;0126-66-5067
magaranger14アgmail.com(ア→@)
隊長・牛山克巳

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク